LED水銀灯

LED水銀灯の主な用途

オフィス、商業施設、学校・教育施設、病院・福祉施設、ホール・劇場、 ホテル・旅館、美術館・博物館、工場・倉庫、スポーツ施設、道路・トンネル、 屋外施設など

LED水銀灯の特徴

水銀灯は大きく分けて①LED水銀灯一体型、②LED水銀灯ランプ交換型の2つのタイプに分けられます。

LED水銀灯一体型

新規設置や水銀灯器具の交換に適します。電源直結で転倒可能。

LED水銀灯ランプ交換型

現在ご利用中の器具を使用し、LEDランプに交換可能。ただし安定器の取り外しは必要です。


LED水銀灯コスト比較

イニシャルコスト(LED水銀灯の初期投資額)

4つのタイプで初期に係る費用を検証。ご使用方法や検討内容により、初期投資費用は異なります。

検証内証 消費電力 器具+ランプ価格 設置台数 設置費用 初期費用合計
①LED器具一体型設置 80W 46,000円/台
(器具一体型)
10台 8,000円/台 540,000円
②既存器具使用で
LEDに交換・設置
80W 44,000円/台
(既存器具使用)
10,000円/台
(安定器取外し含)
540,000円
③従来型水銀灯を
新規で設置
435W 30,000円/台
(器具付き)
10,000円/台 400,000円
④ご使用中水銀灯を
継続して使用
435W 3700円×10本
(3年に1回交換)
0円/台 0円
(ランプ費のみ)
※交換台数:10台、使用ランプ:400W水銀灯+安定器35W、水銀灯のランプ交換工賃は含まないという条件で算定
※設置費用は施工場所・条件により異なります
ランニングコスト(LED水銀灯の電気代)

LED水銀灯と一般水銀灯での電力料金での比較を検証しました!

検証内証 消費電力 点灯時間 点灯日数 設置台数 年間電気料金
①LED器具一体型設置 80W 12時間/日 310日/年 10台 62,496円
②既存器具使用で
LEDに交換・設置
③従来型水銀灯を
新規で設置
435W 339,822円
④ご使用中水銀灯を
継続して使用
※電気料金単価は0.021円/Wで算定(1日12時間、年間稼働日数310日)
総コスト比較

イニシャルコスト(初期投資)及びランニングコスト(電気料金)を合算し算出
LED電球の寿命は、10年程度と呼ばれますが、今回は3年間と6年間での総コスト算出

検証内証 初期費用 3年間電気料金
(6年間電気料金)
3年間ランプ交換費
(6年間ランプ交換費)
3年間総コスト
(6年間総コスト)
①LED器具一体型設置 540,000円 187,488円
(374,976円)
0円
(0円)
727,488円
(914,976円)
②既存器具使用で
LEDに交換・設置
540,000円
③従来型水銀灯を
新規で設置
400,000円 1,019,466円
(2,038,932円)
1,419,466円
(2,438,932円)
④ご使用中水銀灯を
継続して使用
0円 37,000円
(74,000円)
1,056,466円
(2,112,932円)
※寿命時間は設計寿命ですので、使用環境条件により異なります
※水銀灯ランプ交換工賃は含みません(高所作業になるため注意が必要です) LED導入による経費削減効果は絶大 6年間のトータルコスト比較では、上記例で、100万円以上の削減効果!

LED水銀灯製品一覧


│  │